スローライフに憧れています

 

スローライフというものは、声に出して読んで該当の呼び方のように「ゆったり日々を過ごす」ということを意味します。
のほほんと心穏やかに日々を過ごす感覚です。

 

一見するとした場合、巷のテンポ化とは違いいることからもわかるように見えることになります。
それについては「スピード感、スピード」と例えられているこの世界であるからこそ、ふたたび「スロー」の重要度が見直されています。

 

しかし、スローライフを「ちょっとしたのんびりとライフスタイル」と考え込まないですることをおすすめします。

 

その程度は「スローライフ」というのじゃなく、単なる「ダラダラに陥ってしまった生活」それに当たります。

 

全面的にゆるやかであったらいい、と言えるわけではないと言えます。

 

何故スローライフを選択するのか?

「何でスローを選択するのか」といった場合が考えられたいものです。

 

スローライフの心構えとは「心を満たしてくれる行ない」だと感じます。

 

心理的に潤沢に繋がることが大事になります。

 

スピード感を出せば見え無くなったり忘れやすいように変わったりすことになる愛情や謝意、安らぎや歓び、心理面豊かさを回復させることが真の意味です。

 

さらにスピードをきれいにし、見られてなかった状態に認識た方がいいでしょう。

 

スピードを下げることで、かなり早いが故に見えなかったことが、どうにかこうにか目に入るようになるという訳です。

 

 

ロハスって?

「ロハスっていうのはリッチな印象?」──。

 

あなたは、どうでしょう?
自分は、ロハスをできる人々っていうやつは、
「お金に余裕のある人たちだけでは問答無用に考えていました。

 

観念的に、「ロハス(LOHAS)」と呼ばれるのは、
「 LifestylesOfHealthAndSustainability 」の略語で、
「地球環境保護対策と人々の健康を最重要し、
継続することが可能な世間の状況を意図する生活スタイル」
と考えています。

 

「ロハス(LOHAS)」 と呼ぶのは、
“健康と地球環境にシンプルな生活スタイル”
ということだと言えそうです。

 

わたしたちが目指すもの

わたしたちは、

 

  • 「おいしい水を服用したい」
  • 「豪華な食事メニューを食べたい」
  • 「元気でありたい」

 

と、目指しています。
一人の人としてごく当たり前のもっともな思い考えられます。

 

そこの所、「美味しい水」や「美味しい食べ物」を
果てしなくエンジョイすることを望むなら請求される道具がしまっています。

うまい水と化す【十分な山や森】を欠かすことが出来ません。
利益がでる農作物がとっくり発育して供与される【豊かな大地】を外すことができません。
満足な魚が捕れる【潤沢な海】を外すことが出来ません。

 

未来の為のLOHAS

その通りです、「ロハス(LOHAS)」と希望される姿勢は、
手前共の肉体的な為は勿論、

 

100 〜 200 年を終わった後のこれからの子どもさん達の肉体上のことを目的とした、
お近くにある事から有様問題に対処するためみてね、
と希望される見解・意識と言う側面も持っているのです。

 

内側には当然、費用がないなら出来るわけない事もあるというわけです。
それについては、個人個人のくらし方がある内より、
早々に「ロハスくらし」は手が届くと思います。

 

自身の思案する「ロハス(LOHAS)」と呼ばれるのは、
“老い知らずと地球環境に簡単ないのちタイル”
の事です。

 

健康に大切にとか、地球の健やかにも手厚い思考
そう言った慣例だと思います。

 

「セレブリティ」しか「ロハスライフ」は、
遂行できないと断言できるわけではあり得ません。
その当時その時点で、当社の行なえることをするとなると上手くいくと思います。

 

割り当てられた志す
堅固に大切に、地球の頑強にも親和性のある習慣
こいつが「ロハス生活」となります
胸を大きくするサプリメントがコチラ

 

 

 

ロハスライフ


近頃やたらとお目にかかる発言、『ロハス(LOHAS)』。
週刊誌においても度々特集されているし、TVの場合だとしてもよく紹介されている。テレビ東京だと、題して『ロハスな生活』といったTVの番組さえも放映されていたけれども終了してしまいました、ロハスの意味を完全に解説することが可能な人はあんまり多くはないのでは?

 

ぶっちゃけ、ロハスというようなワードはどの位広まっているのか。仲間内やウェブの掲示板を使って、ロハスというような言葉を圧倒的に知っていそうな20代から30代の男女約20名に聞き取り調査を取ってみた。することでハッとする様な結末が! びっくりすることには多くの方がロハスというセリフを聞いたことですらありませんでした。対象の意味まで十分に答えられたのはわずか2名。小耳にはさんだことはあるのではないかという人が5名ぐらい。自分の推察に反してロハスの知名度は信じられないほどに悪かった。

 

ロハスな人びと

ロハス(LOHAS)と呼ばれるのは、「Lifestyles Of Health And Sustainability(健康で持続的なライフスタイル)」の頭文字を結びつけるもんで、「自分たちが健やかであること」と「大自然環境が持続可能となっていることを可能」に決定する生活スタイルの総称。米国で2000年に売りに出された本の中でロハスな人びとの存在が掲示されたのが対象の始まり。

そう話されたとしてもいまいちイメージできないなんじゃないか。「エコロジーとの違う部分は?」「ロハスな人やアイテムって要するに一体何?」などと普通の疑問が発生してくる。そう言う質問をまるごと解き明かしてくれるロハスのガイド本が発表された。Lohas book(ロハスブックである。前の記述に例示した様なロハスに対する原則的な疑問の答えやロハスな人びとの案内、ロハスなお仕事などというが簡単な言葉とかわいい挿し絵で書きあがっていてこれ一冊でロハスが満足認識する、いわば駆け出し向けの「ロハスの秘密の書」。

因みに本書を傾聴すると、「今日までのエコロジーと感じているコメントが含んでいる重荷になって大変というイメージではなく、これまで以上に楽しくファッショナブルにエコを楽しいものにする」のがロハスであり、「自分の価値基準を持ち、英知やインフォメーションを適度なバランスでキャッチして個人個人にも環境にもよいライフに成功しようとする誰もが」がロハスであると認識できる